FOOD GARDEN

現在登録数 :  716 件

メニュー

FOOD GARDEN

現在登録数 :  716 件

現在登録数 :  716 件

まき村

まき村

星2つ半が平均

ミシュラン三ツ星に輝く名店、波紋の如く広がる美味しさ

始まりは1989年大森、その後2010年大森海岸に移転オープン。心温まるおもてなしと日本料理のあるべき姿を表現しミシュラン三ツ星に輝くまき村。

場所は大森海岸から7分程。
しながわ水族館から近く、住宅街と時々小さな工場があり初めてならここに三ツ星のお店があるのかなと思ってしまうかもしれません。

今回優しいマイレビュアー様にお声掛け頂き初訪問しました。
何故ここまで初訪問が遅くなったのかは、予約難だけでなく事実上お1人様予約がほぼ不可能と言う点。
カウンターは僅か6席で回転はなく、1席だけ余ることはほぼないからです。
ですが、2名でしたらまだ空きがあり訪問自体はできそうです。

店主は牧村彰夫氏。
89年に大森で開業して以降、評判が評判を呼びついに2015年ミシュラン三ツ星を獲得
同じ三ツ星というとジョエル・ロブションやカンテサンス、すきやばし次郎等華やかな街にありますが、まき村のみは住宅街に位置しています

お値段も日本料理店としては控えめな2万円程。
素材勝負ではありませんが、旬で彩りながら日本人に馴染む美味しさの中に忍ばせる仕事を感じさせるお料理。
雰囲気で言うと誰にでも優しく迎えてくれるお味ですが奥までは見えない深さがあり、初回の私は多少ヴェールに包まれている魅惑的要素を感じることが多かったです。

また、香りの良さがあるお料理で鰹、サクラマス、ご飯等、難解ではないシンプルに美味しいと思わせる香りを纏っているのも特徴。
最近は出来上がり過ぎた香りであったり、複雑な香りであったりすることが多い気がしますが、それを敢えてせず本来の素材がもつ香りで魅せるお料理ともとれました。

外観は白漆喰、店内は個室とカウンターに分かれカウンター中央には季節を彩るお華が活けられたシンプルで品のある空間。
カウンターの檜は柔かな手触りで、失礼ながらこのお値段のクラスのカウンターはここまで上質ではないことが多いのですが、設えでも世界を現していました。

お席は全14席。
まき村としてスタートした時は全28席、99年にリニューアルして18席、更に今回でお席を減らしたことになります。
最終的には1日1組のお店にしたいという想いに裏付けられるように、奥様との温かな接客とお心遣いがお味とリンクし形作られていきます。

お写真を再び見返すと、色使いと盛付に表現力がないですが可愛らしさがあり華美でなくても一定の世界観が見えてきます。

お店には牧村さんご夫婦とお弟子さんお1人で、接客は主に奥様とお弟子さん。
三ツ星は何度か訪問させていただいたことがありますが、当店の接客は自然体でソフト。
奥底に見える強さではなく滲み出る優しさが魅力です。

 

◆梅酒

クラッシュした氷入りのブランデーベースの梅酒

◆先付け 季節野菜の胡麻ペーストを合わせて

菜の花、空豆、ホワイトアスパラ、エンドウ、パプリカ、カボチャなどが入り、胡麻ペーストとお出汁のジュレとかけアーモンドを散らしてありました
ライトカラーで彩られ、カラーバランス良いです

胡麻ペースト風味は強すぎずお出汁のジュレとのバランスが良好、アーモンドがアクセントとなり季節野菜には食感を残しつつ優しく深く味が染み込みハーモニーを奏でていました

使うと主体になってしまいがちの胡麻ペーストを全体の一部として落ち着かせている先付けです

◆椀物 筍と鱧の真薯

筍は京都、物集女のもの
蕨と木の芽が添えられ、上部から姫皮(穂先の柔らかい部分)、筍と白身の真薯、底に筍の根元の部分を輪切りにして置いた珍しい筍尽くしのお椀

ここまで筍ですと、特有の癖が気になってしまうかなと思いましたがそれはありませんでした
真薯も筍が主体ですが、鱧をすり身にしてあり纏わせてあり食感はふわふわ
優しいほんのりとした甘みがあり、供された時は白身とのご紹介でしたがお聞きするまで鱧だとは分かりませんでした

お出汁はすっきり透き通るお味で、何より驚いたのはとても温まること
お椀の温度はさほどでもないのですが、体の熱が急激に上がって顔が紅潮するのが分かり食前酒で酔ってしまったのかと勘違いしていました・・・
温まるとご説明すると生姜ですか?とも思われそうですがそういう風味ではない初めての体験でした

筍というと塚原産や大原産ばかり想像してしまいますが、美味しくいただけました

◆お造り 剣先烏賊と車海老

手前はお出汁のゼリーを混ぜふやかした海苔

車海老は中心がレアで剣先烏賊はねっとりとした口当たり

海苔は香り・風味共に良く、ピュアなお味にお出汁を奥に含ませています
よってお出汁が前に出過ぎず、濃くもなく作られた甘さでもありません
こういう素材に忍ばせる細やかさがまき村さんなのかな、と思い返される添え物でした

◆鰹のたたき

千葉勝浦の鰹に、茗荷と芽葱を乗せて
鰹の良い香りを纏って供されます

見た目はスタンダードなのですが、やはり一味違います
フレッシュでキリッとした味わいがある鰹が多い中、こちらはほんのり温かく円みのある味わい
優しいのですが、玉葱ソースだけをいただくと意外にお味はしっかりめ
ですが、合わせるとそれは鳴りを潜め素材を引き立てます

◆焼物 サクラマス

青森県の本鱒、タラの芽を添えて
こちらも香りにグイグイ引き寄せられます

ふんわりとした身質と甘さ
通常皮がパリパリ系はあるのですが、こちらのお皿は弾力があり芳ばしく皮からも旨みが楽しめます

◆帆立と長芋、雲丹のジュレがけ花穂紫蘇を添えて、蛍烏賊とうるい、酢味噌和え

2皿、小皿に盛られ供されました

帆立と雲丹のジュレがけはジュレに塩気があるものの昆布出汁香るすっきりした味わい
大きくカットされた帆立は食べ応えあります

蛍烏賊は柔らかく、ぷにっと弾けて内側の濃厚さが広がります

◆白魚の茶わん蒸し

蓋を開けると添えられた木の芽の香りが上がってきます
たっぷりの茶わん蒸しの上に綺麗に整列された白魚

茶わん蒸しはつるつるとして喉越しで柔か、卵の円いお味
白魚は淡泊でありながら、シンプルになり過ぎない様に幅をもたせます

◆但馬牛とアスパラ

ここまで割とさっぱり系で優しいお皿が続き、こちらも色合いから延長戦にある感じさせますが実際は大きく異なりました
フリンジの焼きは芳ばしく、中心は程よいレアで柔か
お肉のお味は力強くはっきり
ですが、野性味溢れた力強さではなく上品さがあります
和のとろみがある出汁、アスパラとの食感が相性抜群
お肉の旨みをセンターに置きながらも日本料理らしさで纏わせる美味な一皿

◆お食事 鯛茶漬けと香の物

こちらのスペシャリテ鯛茶漬け

ご飯は魚沼産、聞き慣れた産地ですがこちらのご飯は産地の方が何度かに分けて精米していき劣化を防いでいます

香の物はこの糠で漬けたもの

鯛は淡路産の天然鯛
下の胡麻だれは味噌色ですが使用していません
胡麻と胡麻をペースト状にし、醤油とたまり醤油で味付けをしてかき混ぜて寝かせて、を繰り返したもの

山葵は農林水産大臣賞を受賞したことがある御殿場、瀬戸さんのもの
香りは良く、ですがツンとし過ぎず上品と言われて評価が高い山葵です

土鍋で炊いたご飯は蓋を開けなくても甘い香りが立ち込めます
経験したことなくても日本人は昔この様なお竈さんから零れる香りによって時を知ったのかなと懐かしさを伝えてきます

まずはご飯だけでいただくと、瑞々しく甘く柔らかですが粒感がありとても美味

鯛は弾力があり甘く、胡麻の風味と相性抜群
胡麻だれは胡麻の風味と醤油が合わさりただただ胡麻ばかりが前にくることはありません

最初はご飯の上に乗せて、次はお出汁をかけてお茶漬けに、最後はおこげのパリパリ感とお出汁を合わせていただきそれぞれの良さを楽しめました

◆水物 静岡マスクメロン、宮崎のマンゴー、苺、タロッコレンジ

アングレーズソースを敷いた上に静岡マスクメロン、宮崎のマンゴー、苺、タロッコレンジ、白ワインジュレをかけて

タロッコレンジとは愛媛の松浦さんという方が作られている、国産ブラッドオレンジ
ブラッドオレンジと言うと酸味があり野性味がありますが、タロッコレンジはマイルドで甘くジューシーさが目立ちます

アングレーズソースはやや甘めですが、ジュレの白ワインが効いているので大人のお味に仕上がっていました

 

最後は残ったご飯をお土産としていただきました。
家でいただくともちもち感が強くやはり美味。

次回もまたと思いましたがやはり1人は空きがなく、次回もマイレビュアー様に連れて行っていただくことに・・・本当にありがとうございます。
お店に居やすかっただけでなく、マイレビュアー様とのお話が楽しく3時間位の滞在でお時間を取らせてしまいました・・・

柔かに奥深い名店、一度でもお味だけなく、お人柄、空間、全てで楽しみたいまき村でした。

DETAIL DATA

ico

アクセス、営業時間など

TOPに戻る