FOOD GARDEN

現在登録数 :  714 件

メニュー

FOOD GARDEN

現在登録数 :  714 件

現在登録数 :  714 件

バックシュトゥーベ ツオップ

バックシュトゥーベ ツオップ

星2つ半が平均

毎日300種類のパンを焼き上げ、人気、知名度、質共に日本No.1とも呼び声高いブーランジェリー

2000年オープン、北小金駅からは2km程度アクセスは良いとは言えませんが全国区からパン好きが集まる超人気店バックシュトゥーベ ツオップ。

「パンの聖地」、1日1000人以上が訪れると言われ休日には長い行列ができる程。
松戸に住んでいる=とみ田、ツオップのある町と他県の方から印象を持たれ、都内でも評判は高く「千葉にはとても美味しいパン屋がある」とよく聞きます。

アクセスですがサイトには北小金から小金原団地循環バスが明記されていますが実はもう1ルートあります。
こちらは地元の方しかあまり分からないと思いますが、武蔵野線新八柱ルートでも小金原団地循環バスが出ており私はこちらを利用しました。

外観写真の右に見える木の掛看板がルーエプラッツ ツオップ、ツオップの焼きたてパンとお食事も楽しめるカフェの入り口です。

店主は伊原靖友氏、パン作りの本も出版されていています。
ツオップ出身のブーランジェリーも多数存在し、ベッカライ サカツジ、ブーランジェリー クー、コッコパン等、ちなみにパーラー江古田の店主はパンは焼かなかったもののカフェのオープニングスタッフでした。

バックシュトゥーベ ツオップ(Backstube Zopf)はパン焼き場、パン小屋を示す通り外観は山小屋。
内部は外観通りの温かイメージで思ったよりずっと小さな造り、なんと約5坪。
所狭しとパンが置かれ、シーズン物を入れると全種類は400種類、毎日300種類が時間帯に分けて続々焼き上がり、まるで店内はパンの宝箱のよう。

こちらのスタイルは普通のブーランジェリーと違ってロスを恐れない所。
焼きたてを信条としており時間が経ったパンは置いていません。

人気はカレーパン、あんぱん、食パンですが、クロワッサン、ベーグル、ヴィエノワズリーもどれもレベルが大変高くはずれがありません。

平日の9時過ぎ、雨の日に訪問。
ある意味これ以上のコンディションの悪い日はありませんが店内はお客様でいっぱい、休日を考えると恐ろしいです。
店内はパンの香りで溢れ、焼き上がりのアナウンスが流れどれもとても魅惑的。
こんなに買う予定ではなかったという言葉を聞いていましたが、確かに少しの購入で終われないと思わせる魅する力があります。

CPにも優れ小さなパンは50円程から売られ、アメリカンチェリーのデニッシュ等も300円程度。

私自身も予定したよりずっと多くのパンを購入し、シェアしていただきました。

クロワッサン

ふんわりもっちり、柔らかいクロワッサンでパートフィユテは繊細。
細かいサクサク音、バターもしっかり、高温で焼かれたクロワッサンと違うので苦味はなく中心部に向かってしっとりしています。
焼き加減が絶妙なクロワッサン。

 

クリームパン

こちらの人気で次々焼き上がります。
外側はサクッと香ばしく、中にはたっぷりのクレームパティシエール。
卵のお味と滑らかな口当たりでもったりしていません。
余計なギミックを入れていない基礎に忠実懐かしさの中にグレードを高めたクリームパン。

 

塩バターベーグル

噛み応えとしっとりさ、弾力が楽しめ、内部にはしっかりバターが練り込んであり、耐油紙に包まれていても底は染みだしてしまうほど。
塩気も引き立ちますが小麦の甘さは感じる程度、ありそうでないお味。
そのままで十分な美味しさがあり、ベーグルは何か挟まないとちょっと・・・と言う方もきっと満足するベーグル。

 

カレーパン

一番人気、次々を焼き上がり出来たてアナウンスが流れます。
かなりのスピードで売れていくので焼き冷ましに当たることはなく、その場でいただくことを告げると揚げたてを出してくれることもあるそう。
内部は15種のスパイス、挽肉、マッシュルーム、フライドオニオン、金時豆が入った拘りのカレー。
外側はザクッとした音がする程、辛めですが後から軽いマイルドさがあり中々複雑、香りが良いカレーパン。
挽肉が小さなブロック状に感じる箇所がありますが、においもなくカレーへ作り込みを感じます。

クロワッサンジェノベーゼ

厚切りのスモークチキンの上には松の実がたくさん入ったジェノベーゼソース、ルッコラの苦味が夏に合うキリッとした味わいにしています。
トマトもジューシーさ残っていてこってり系でなく美味しいです。
ですが、どうしても水分がクロワッサンに移りやすいのですぐふにゃっとしてしまいます。
それでも美味しさを感じたので出来たてならとても美味しいと思います。

 

クリームシチューカップ

エビとホタテのクリームシチューを流し込んだカップ。
ベイクしていただくとシチューはとろとろ、どろっとしていないので重いイメージを払拭してくれました。
エビとホタテのお味が出ている本格的なシチュー、カップはサクサクで今までいただいたシチューカップの中で一番美味しかったです。

桃のブリオッシュ

期間限定、ブリオッシュにクレームパティシエールをたっぷり流し込んでフレッシュな桃と共に焼いたもの。
桃の水分とシロップが溢れ出し、ブリオッシュがお皿の役割をはたしています。
クレームパティシエールの甘さが適度、厚みがあるジューシーな桃がリッチさを演出したブリオッシュ。

 

アメリカンチェリーのデニッシュ

期間限定、大粒のアメリカンチェリーが4つ乗り、下にクレームパティシエール。
内部にはグリオットコンポートがペースト状に入っているようでよってキルシュが香り、アーモンドプードルが風味をプラス。
ピラミッドの様に一番上に乗っているチェリーのみは種が入っていますが他は抜かれた状態になっています。
デニッシュは厚め、欠点を言えばとてもアメリカンチェリーが崩れやすいところ。

 

マンゴーのブリオッシュ

ブリオッシュにクレームパティシエールをたっぷり流し込んでブロックカットされたマンゴーを乗せたもの。
完熟してとろっとしたジューシーなマンゴー、クレームパティシエールとの一体化は桃のブリオッシュよりもあり自然に楽しめるブリオッシュ。

シュガーボール

ロールパンに溶かしバターとシナモンシュガーを塗したロールパン。
ふんわりとしていて小さくちょっとしたおやつにおすすめ。
1つ50円ですが安価な味ではありません。

 

あんぱん

小さなうぐいすあんぱん。
皮は薄めでフィリングは自然なカラーの甘さが丁度良いうぐいすあん、胡麻の香ばしい香りにうぐいす豆を活かした和的要素も入れています。

 

オランジェ

夏みかんのデニッシュ、夏みかんの下には薄くクレームパティシエールがあり甘さは適度。
ザクザクしたデニッシュとフレッシュさが光る夏みかんの甘酸っぱさを活かすデニッシュ。

 

リーフェン

シナモンロールの様にドライアップルが入っていて、他はシナモン、ナッツが主体。
リンゴ×シナモンという鉄板の組み合わせ、外側サクッとした食感でシュガー量もそれなりに感じる組み合わせにハズレがないヴィエノワズリー。
シナモンの香りが後まで続きます。

 

どれも美味しくいまいちというものがありません。
これと比べるとこちらの方がいいかな、というのはありますがそれもツオップのパンの中での比較です。
選ぶワクワク感と種類の豊富さ焼きたてが味わえ、癖がない美味しさが詰まった誰にでもおすすめできるブーランジェリーでした。

DETAIL DATA

ico

アクセス、営業時間など

TOPに戻る